日本遺産
葡萄畑が織りなす風景

~山梨県峡東地域~

JR中央本線の下り列車が甲府盆地の東玄関、勝沼ぶどう郷駅にさしかかると、視界が一気に開け、遙か遠く甲府盆地の彼⽅に⻘い南アルプスの連なりまで望むことができます。 車窓から見下ろす平地はもちろん、見上げる急斜面まで見渡す限り葡萄畑が広がっており、春から夏には若葉から⻘葉へ、秋から冬には紅葉の濃淡が陽に映え、ぶどう郷の四季は、色彩の変化とともに移りゆき、繊細かつ鮮やかに、訪れる人々の目を楽しませてくれます。 ⻑い年⽉をかけて作り上げられたこの葡萄畑の物語が、平成30年「日本遺産」に認定されました。

葡萄畑が織りなす風景の物語

歴史とともにある葡萄畑から世界を目指すワインまで。葡萄畑が語り継ぐ日本遺産のストーリーを紹介します。

ストーリーを見る

構成資産

葡萄畑が織りなす風景が生まれた歴史を今に語る構成資産を紹介します。

構成資産を見る

散策マップ

葡萄畑が織りなす風景のストーリーを感じるおすすめ散策コースをご紹介します。

散策マップを見る

ライブラリ

日本遺産「葡萄畑が織りなす風景」を紹介する動画や写真、パンフレットなどはこちらから。

ライブラリを見る

峡東ワインリゾート

〜ワインとともにある贅沢〜

日本のワイン発祥の地である山梨県。そこには上質のワインが生まれる気候風土と自然景観、その自然の恵みを受けた食の数々、そして日常の喧噪を忘れてゆったりとくつろげる温泉があります。日本を代表するワイン産地に時間を忘れて滞在し、地域を丸ごと楽しんでいただく、ぜひ贅沢な時間をお過ごしください。

峡東ワインリゾートを見る

アクセス

日本遺産「葡萄畑の織りなす風景」、峡東ワインリゾートの舞台、山梨県峡東地域は新宿から特急列車でわずか90分の場所にあります。

アクセスを見る

TOP